プロフィール-冬柿と律子

関野 龍介(冬柿) 昭和3年、田方郡大仁町に生まれる。
   律子     昭和4年、天城湯ヶ島町に生まれる。

冬柿は、わずか15歳より、様々な職業につき、起業までしたそうです。
16歳に父親を亡くし、東京電気(設計室)に勤務。
19歳頃、体調不良により、通院。当時看護婦をしていた母、律子と知り合う。
診断の結果、結核と判明。手術。
22歳、町立長岡病院(現在の順天堂病院)へ転院。母も同時に看護婦として長岡病院へ。
二人の長き闘病生活の始まり。
父は病魔と、母はそれを支え、助ける毎日。
7年後無事退院。

父29歳、母28歳の時でした。
翌年めでたく結婚。熱海にて新生活のスタート。
箱根登山、伊豆箱根鉄道のポスターや、野立て看板、映画のポスターなどをデザイン、
制作していたようです。
昭和36年、三島へ引っ越し。
グラフィックデザイナーとして忙しい毎日を送る。

二人から始まった関野家は、子供夫婦3組、孫7人の総勢15名にも膨らみました。
2008年10月15日 母、律子 他界

■BGMは、律子さんの孫KOH(広介)の作曲演奏です

photo1.psd退院間もない頃の二人。父のデザインしたオーダーメイドのコートを羽織る母。
photo3.psd二人の結婚式
photo2.psd二人で東京へ行った時のショット