冬柿の書 その3

2008.11月2日

By Tohshi

2008.11.2.jpgSIZE=18cm×12.5cm

いつか良い日が来ると
楽天家の貴女の口癖でした。
木片に彫って、緑青を施し
壁に吊してありますネ
■SIZE/18cm×12.5cm
LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

冬柿の書 その4

2008.11月3日

By Tohshi

ケセラセラ文字.jpg
律子さんの哲学で
処世術でもありました。
当時の歌でも流行したものでしたネ

LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

▲ ページトップへ

冬柿の書 その5

2008.11月4日

By Tohshi

2008.11.04syo.jpg
柿廼舎の庭では綺麗な柿の落ち葉を
拾って、盆に敷き
お菓子など載せていました

LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

▲ ページトップへ

冬柿の書 その7

2008.11月6日

By Tohshi

山中無暦.psd
年中の行事や仕事のスケジュールは
煩わしく嫌いで、深い山の奥で気儘に
暮らしたいと思うものです。
漢詩の一節です。

LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

▲ ページトップへ

冬柿の書 その8

2008.11月7日

By Tohshi

20081107.jpg
あなたの郷里の天城を行くと
両側は鬱蒼とした森に
つづら折りの道は白く光って見えます。
LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

▲ ページトップへ

冬柿の書 その9

2008.11月8日

By Tohshi

200811.8.jpg
集字聖教序を倣って手習いをするが
何枚も書いているうちに
自分流に全く違った字になってしまいます。
LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

▲ ページトップへ

冬柿の書 その12

2008.11月11日

By Tohshi

20081111書.psd
五日に一度風が吹き
十日に一度雨が降ること
転じて風雨その時を得て
農作上好都合で天下太平のこと

LinkIcon■ご感想又は冬柿への手紙はコチラ

LinkIcon2008年10月分の書はコチラ
LinkIcon2008年12月分の書はコチラ

▲ ページトップへ

冬柿の書 その26

2008.11月24日

By Tohshi

冬柿の書 その27

2008.11月25日

By Tohshi

冬柿の書 その28

2008.11月26日

By Tohshi

冬柿の書 その29

2008.11月27日

By Tohshi

冬柿の書 その30

2008.11月28日

By Tohshi

冬柿の書 その31

2008.11月30日

By Tohshi