冬柿の書

2017年12月の書

湯たんぽ
秩父夜祭
紀州日高クエ料理
顔見世興行
柿の葉寿司
井底之蛙
十四代
南天に雪吹きつけて雀鳴く
 
冬の蝶
余市
ゆず湯
時はいのち
分かっちゃいるけどやめられねぇ
愉楽
麦一献
黒潮大蛇行
あの汽車もふる郷の方へ音たかく
これでいいのだ
同行二人
冬至
一陽来復
運盛り
元号
一福延寿
迎春準備
もうひとつねるとお正月
帰省ラッシュ
手作りこんにゃく へらちょんぺ
無事